【動画あり】阪神・藤浪がイップスになった原因がかわいそう、、トレードの噂も。

スポーツ

藤浪晋太郎投手といえば、言わずと知れた阪神タイガースのエースピッチャーですね。

しかし近年思うような成績が残せず、苦しんでいるようです。

今回は藤浪投手がスランプに陥った原因についてまとめていきます。

 

藤浪投手の成績は?

  • 1年目(2013) 10勝6敗
  • 2年目(2014) 11勝8敗
  • 3年目(2015) 14勝7敗
  • 4年目(2016) 7勝11敗
  • 5年目(2017) 3勝5敗
  • 6年目(2018) 5勝3敗
  • 7年目(2019) 0勝0敗

成績を見ると入団後1年目から3年連続で二桁勝利をしています。

 

1年目の19歳の頃から3年連続で二桁勝利している藤浪投手は期待通りの活躍していたようですね!

 

これまでのキャリアハイは2015年の14勝7敗。この年にチームトップの勝ち星を挙げ、タイガースのエースの座を完全にものにしました。

 

しかし、それ以降は成績不振が続いていることが分かります。

 

 

成績不振の原因はイップス?

3年目まで大活躍していた藤浪選手ですが、4年目からは思うような成績を残せていません。

 

その原因がイップスではないか?とささやかれています。

 

イップスとは精神的なことが原因で思うような動作が出来なくなるスポーツ選手に見られる症状です。

 

藤浪投手もなんらかの精神的な影響を受け、それまで続けられていた投球フォームを崩してしまったのでは?と言われています。

イップスになった原因は?

ではなぜ、藤浪投手はイップスになってしまったのでしょうか?

はっきりとした理由は判明しておらず、諸説ありますが有力な原因が2つあります。

 

1. 広島カープ黒田投手の顔面付近への投球

 

広島カープ戦に先発投手として登板した藤浪投手。

 

相手チームの先発は、日本球界を代表する大投手、黒田博樹選手でした。

 

その黒田選手が打席に立った際に投げたボールが顔面付近にいってしまい、黒田選手が激怒するということがありました。

動画はこちら↓

黒田ブチギレ! 藤浪の危険な投球であわや乱闘に!

「おらっ」と藤浪投手に叫んでいる様子が分かります。

 

球界を代表する黒田投手にこの表情で詰め寄られるとさすがに怖いですね、、

 

後の藤浪投手のインタビューでは

「バントをさせようと思って投球が完了する前に守備に行こうとしてしまい、ああいうボールになってしまった」

と語っていたそうです。

 

2. 2016年の金本監督の就任

 

もう1つの原因は金本氏への監督の交代だといわれています。

 

金本監督が就任した2016年と藤浪投手が成績を落とし始めた年は一致しております。

 

また金本監督の指導法はスパルタ式であり、前任の和田監督とは真逆のものだったそうです。

その証拠映像も残されています。

動画はこちら↓

【藤浪160球超え】ハイライト動画 2016/7/8 阪神VS広島

だいたい100球が目安とされる先発投手ですが、この日打ち込まれた藤浪投手への怒りからか最終的に161球もの投球をし、マウンドを降りました。

 

消耗品と言われるプロ野球選手の肩にとっていいわけがありませんね。

 

プレッシャーを強くかけられるスパルタ的な指導法が合わず、藤浪投手はイップスを発症したのではとも言われています。

 

イップスを克服するためにトレードの噂?

 

イップスのはっきりとした原因は、同一動作を繰り返すことによる脳の構造変化だったり心理的要因など、はっきりとした解決方法が現在も見つかっていないのが現状です。

 

藤浪投手の場合、人気球団ゆえのプレッシャー、ファンからの野次も原因のひとつでは?とも言われております。

 

そこで環境をガラッと変えるためにトレードが最も良いのでは?とも言われております。

 

実際に藤浪投手本人から球団にトレードに出してほしいと直訴したという噂もあるそうです。

 

しかし現在もトレードには出されていないことから球団としては将来を担う重要な選手と見られているのではないでしょうか?

 

何にせよ藤浪投手が甲子園で再び躍動する姿をもう一度見たいものです。